メリット①  あなたにいくらの借金があるかを正確に調査します。(3/24更新)


弁護士のところへ、借金の相談にいらっしゃる方で、ご自分の借金がいくらあるのかを正確に知っている方は、殆どいません。


その理由は、大きく分けて2つあります。


(1) 債権者に本当の事を知らされていない。

 平成19年12月に「貸金業規制法」が改正・施行され、いわゆるグレーゾーン金利が撤廃されました。
その結果、大手金融機関を中心に金利の引き下げが始まりました。

ある消費者金融会社では、27.8%であった金利を18%に下げています。

しかし、違法な金利で契約したままの状態で、債務を支払続けている方は、法律通りに金利を適用したら自分の借金がいくらになるかを知りません

消費者金融が、わざわざ本当の事を知らせるわけがないのです。

あと何百万も残っていたと思っていた借金が正しい金利で計算し直したら、実は殆ど支払終わっていたという方や、払いすぎになっていて実は何百万円も返してもらう必要があるという方もたくさんいます

弁護士に依頼すれば、弁護士があなたに代わり、消費者金融会社に対して、いついくら借入をして、いついくら支払ったのかという取引の履歴を要求します。

消費者金融は、これを開示する義務があるので、応ぜざるを得ません。

これによって開示された取引履歴のデータを、適正な金利を用いて引き直し計算を行えば、正確にあなたに現在いくら借金が残っているのかが分かるのです。


(2) ご自分で借金の管理ができなくなってしまった。

 複数の金融機関から、借金をしている人は、ある金融機関でお金を借りては、別の金融機関に借金を支払って・・・・

ということを長年繰り返していたり、きちんと帳簿や家計簿を付けていないために、一体いくらの借金があるのかということが分からなくなってしまっている場合があります。

また、お金の計算がとても苦手だという人もいます。

場合によっては、借金があることは承知しているんだが、現実にいくら借金があるのかということを知るのが怖くて敢えて目をつぶってしまっているという方までいます。


しかし、借金問題を根本から整理して、人生をやり直すには、きちんとお金の管理ができなくてはいけません。

借金を正確に把握するために集めて頂く資料は、きちんと教えますので、おそれず安心して相談に来てください。


詳細コンテンツ